遺産相続は家族同士の間で最もトラブルが多く起きていると言っても過言ではないのですが、そんな遺産相続をトラブルなく平和的に治めるためには、やはり弁護士に間へ入ってもらうのが一般的です。遺産相続を行うためには、どのような流れで手続きが行われるか、まるでパズルを解くかのようにやるのか、それとも違うのか知っておかなければいけません。

遺産相続はこのような流れで行うということを知るためには、インターネットで簡単に調べることができるので、最初にインターネットで調べてから、弁護士に依頼するようにしましょう。もちろん遺産相続に関しては色々な法律が存在しているので、自分たちで勝手に行うと、違法なことをしているつもりはなくても法律に触れてしまうといったトラブルが発生する可能性もあります。パズルみたいにバラバラになるのです

弁護士に依頼するということは、家族同士のトラブルを回避するだけではなく、法律に違反しないためでもあるので、本当に信頼できる弁護士を探し、どのような流れで相続の手続きや税金の支払いを行うのかはしっかりと理解しておきましょう。

遺産を相続できる人と優先順位

遺産相続を行う際には、誰でも簡単に遺産を相続できるという訳ではありません。基本的に相続ができる人は配偶者やその親族のみとなっているのですが、他の人にも法定相続人として相続を受けられる権利があります。ただし、優先順位が付けられている事も知っておく必要があります。

最も優先されるべき相続人は被相続人の子供なのですが、1000ピースのパズルが得意そうな一人っ子ならば特に問題は起こらないものの、兄弟がいると問題が発生する場合もあり、よく弁護士が頭を悩ませることでもあります。昔であれば長男が全て相続していたのですが、現在ではそのような訳には行かないので、公平に遺産を分配するのが一般的です。

更に戸籍標本なども必ず必要になりますし、種類も色々とあるので、基本的には弁護士に指示してもらうようになるでしょう。更に親よりも子供が先に死亡した場合には、親が最優先で相続できるようになるのですが、誰が死亡したのかによっても相続の優先順位は変わってくるので、必ず弁護士に依頼するのが一般的です。そうでないと額縁にはまったパズルが落ちるように、jigsaw puzzles falling into placeとなるのです