土地といえば最近は空き家の維持が社会問題化しています。誰も住んでいなくて住んでいるのはカラスとネズミとダニとハエと庭の大きな大木とそれについてる毛虫だけで、お隣さんもすごい迷惑な話です。これなんとかしたいなと役所へ言っても案の定といいますか、おそらく100年前から変わっていないその姿勢は世界の笑いものではないかと非難してもそれこそ何も変わりません。相続について少し考えてみましょう。相続をする際に父や母からその家をもらうわけですが土地もいっしょについてくるわけです。けど何かしらのトラブルがあって相続放棄すらされず家が放棄されるのです。土地の相続放棄は相続人全員が放棄するわけなのですが、これが意外と多いのは、やはり不動産や土地というのは扱いづらいというか、勉強すると国の仕組みなどまで一緒にわかってくる感じで面白いとは思うのですが、ともかく書類書類の世界だから大変です。この見えないんだけど見えるというようなものの相続は奥が深く、分割が難しいのです。ローンや借金があればもう放棄の方向でいいかなと落とし所を考えて、協議の結果なんだかみんなが何かしらの疲れを感じてしまうと思うんです。ですからもっと考えましょう。空き家問題はまた固定資産税の問題でもあります。対訳措置法関連で6倍になるの?!とびっくりしていつからだ?と思って検索してしまいますよね。空き巣対策も面倒ですし、フリーターでも始めれる空き家ビジネスというやつもあるみたいで、その記事を読んでたら、欧米では家のメンテナンスをしながら何世代にもわたって住むという文化があるらしい。一方日本はどうでしょう。核家族化が激しくなり晩婚化で子供が生まれなくなりみんなが孤立し、愛もなくなり、あるのは謎の絆というラベルのようなイメージだけ。リノベーション元年の今こそ、というも上がっているが、リノベーションできるのはあくまで空き家だけの話でこれから先のことを考えると、相続って難しいなと思います。

殴り合いやもしくは戦争のように始まってしまうパズルのような相続トラブルですが、最近はネットで体験談を見れるから良いですよね、昔はそうではなかったですし、いろいろ考えないといけないこともおおかったはずです。法律って奥が深いですから実は体験談ってすごい需要があるですよね。任意整理したいからまず体験した人の話聞きたいなという思いになるんです。それと同じく言い分をぶつけた押して平行線になったとしてもとにかく分割してやるぞという人はもっときついです。時間がかかりますから。

以前は仲がよかった親せき同士もお金が関わってしまうと、別人のようにお金のことだけ口に出すようになります。ほんとに自己中心的になるんですよ。世界で自分以外だれもいないかのように。他人はモノ化します。このような状態になるともうだめです。少し落ちついて話をしましょうとしても、まったく続かないで、何卒何卒とお願いしても前に進まないので、平和を育てていくというか遺産を解決するために、やっぱり弁護士で行きたい、とか。ともかくプロがいないとかなり難しいんですよということに皆さん気づき始めてますよ。

相談する相手は、弁護士のほかにも税理士、行政書士、司法書士など様々な資格を持った人がいます。まずは自分の身の上のトラブルに合った専門家をチョイスすることが大切でしょう。そうしないともう、パズルどころか、処理機系の機械の中のようにカオスなことになるのです。絶対にそれは食い止めねばなりません。

自分と他人はやはり他人であってどこまでいっても平行線だと思い知るのがお金の問題であり相続の問題です。どのように解決すれば良いのだろうか思い巡らした結果弁護士に少し頼んで魅了、なんとか未然に防ぐもめない方法はないだろうか?やっぱり構成的な遺言が良いのか、派手な葬式とは裏腹にしんみり議論することか、こればかりはパズルのようには簡単には解けませんが、パズルのように考えれば簡単に解けるともいえます。

どんなポイントがあるんでしょうね。ピースの数だけ問題は生まれ、そしてそれに絡め取られます

まず理解スべきはこれは時間は解決しない、誰もしてくれないということなのです。

具体的な現場で使えないと同しようもない相続知識。世代をまたぎつつお金を分配するというのは国や市や街も悩んでいることのひとつです。時間は際限なく続き永遠のようにも思えますがそうではないことは皆さん相続トラブルにぶつかる時にしることのひとつです。

まずは相続税納付の期限です。相続税納付の期限は被相続人が死亡した翌日からはじまり、どこまでいきますかね、もうこれを読んでいる人はわかると思いますが◯◯ヶ月です。ネットでお調べあれ。次に相続放棄の期限ですが相続放棄は被相続人の死亡時から◯◯月以内と定められています。ピースをただ数えてるうちに(財産調査とか法定相続人調査とか)、終わらないように注意しましょう

兄弟で争いあい、中の良かった姉妹同士での争い、最後には殺し合いにまで及ぶ相続問題は自分の首を〆るまでやりすぎないでください。笑顔で分け合いましょう。

遺産相続は家族同士の間で最もトラブルが多く起きていると言っても過言ではないのですが、そんな遺産相続をトラブルなく平和的に治めるためには、やはり弁護士に間へ入ってもらうのが一般的です。遺産相続を行うためには、どのような流れで手続きが行われるか、まるでパズルを解くかのようにやるのか、それとも違うのか知っておかなければいけません。

遺産相続はこのような流れで行うということを知るためには、インターネットで簡単に調べることができるので、最初にインターネットで調べてから、弁護士に依頼するようにしましょう。もちろん遺産相続に関しては色々な法律が存在しているので、自分たちで勝手に行うと、違法なことをしているつもりはなくても法律に触れてしまうといったトラブルが発生する可能性もあります。パズルみたいにバラバラになるのです

弁護士に依頼するということは、家族同士のトラブルを回避するだけではなく、法律に違反しないためでもあるので、本当に信頼できる弁護士を探し、どのような流れで相続の手続きや税金の支払いを行うのかはしっかりと理解しておきましょう。

遺産を相続できる人と優先順位

遺産相続を行う際には、誰でも簡単に遺産を相続できるという訳ではありません。基本的に相続ができる人は配偶者やその親族のみとなっているのですが、他の人にも法定相続人として相続を受けられる権利があります。ただし、優先順位が付けられている事も知っておく必要があります。

最も優先されるべき相続人は被相続人の子供なのですが、1000ピースのパズルが得意そうな一人っ子ならば特に問題は起こらないものの、兄弟がいると問題が発生する場合もあり、よく弁護士が頭を悩ませることでもあります。昔であれば長男が全て相続していたのですが、現在ではそのような訳には行かないので、公平に遺産を分配するのが一般的です。

更に戸籍標本なども必ず必要になりますし、種類も色々とあるので、基本的には弁護士に指示してもらうようになるでしょう。更に親よりも子供が先に死亡した場合には、親が最優先で相続できるようになるのですが、誰が死亡したのかによっても相続の優先順位は変わってくるので、必ず弁護士に依頼するのが一般的です。そうでないと額縁にはまったパズルが落ちるように、jigsaw puzzles falling into placeとなるのです

遺産はいつも多額の負債が裏にあるという

しかし本当にいつもと言えるだろうかと言われるとそうでもないのは一般の方なら分かるはずだ。しかし一般という言葉の裏には、単に私自身が一般人であるという意味のみが込められているわけではなく、多額の負債を裏に隠しているその状態は一般ではなく異常なのだ、ということが言いたいというわけでも実は無い。

この話をするとなると、まず「アンティーク」について語らなくてはならない。アンティークショップというのはどこにでもあるといえる。

もちろん私は駅からバスで片道3時間の場所に住んでいたので、そういう場所にそういうおしゃれなものはない。しかしボロボロの掘っ建て小屋みたいな土産屋ならあった。誰も来ない。見向きもしない。そもそも店員がいるのかいないのか分からない。

けどアンティークショップとあえてそれを名付けるならば、そこには目に見えない山程の負債があるともいえる。

負債とアンティークは切っても切り離せない。もちろん遺産とも切り離せない。

真ん中に目に見えない空白のようなものがあって、そこを睨みながら絶えず回り続けるのが私達だという言説がある。

しかし実はそこは空白ではないことは、遺産分割の話をすれば一目瞭然である。さて次回はその話をしよう。

日本は世界屈指の税金大国なので、物を購入した時だけではなく、売却した時や受け取った時であっても税金の支払い義務が発生してしまいます。よって遺産相続で相続人として引き継いだ時であっても、遺産を分配された時であっても、必ず相続税という税金が発生することを忘れてはいけません。

更には所得税も追加で支払い義務が発生するので注意が必要なのですが、税金に関してはよく知らない人が大半を占めていますし、相続など一生に何回もあるという訳ではないので、わからないことだらけです。それでも税金を支払わないといけませんので、相続財産の調査や遺産分割協議を行った時に、所得税や相続税を支払うということを覚えておきましょう。

納める金額は受け取った財産によって異なるので、基本的に多くの財産を受け取るほど税金は高くなってしまうことから、相続で問題が起きないように弁護士に頼むのが一般的であるため、税金に関しては専門ではないものの、法律に精通している弁護士に聞いてみることをお勧めします。

祖父が死に遺産相続を弁護士に頼んでみようかと考えた場合、まず最初に簡単な相談をしようかと考えることが普通ですが、相談をする時には多くの法律事務所に無料と書かれている場合が多くなっています。しかし、無料なのは初回限定で30分までとなっているような法律事務所も多くなっているものの、遺産相続のようなかなり難しい内容の相談を初回の30分だけで話すのは不可能に近いと言えるでしょう。

ただ一部の法律事務所では、何回相談しても何時間相談しても無料となっているところも存在しているので、このようなところで相談をするのがベストです。当然予約制となっているので、初めに連絡を入れて予約をしてから相談をしないといけません。

現在ではすぐに料金を取る弁護士が多い中で、このように無料で何度でも相談に乗ってくれるということは、短時間で相手を納得させるだけの知識があるとも取れるので、遺産相続に関する法律に精通した弁護士である可能性が高いため、事前にじっくりとインターネットを使って探しておくとよいでしょう。